認証について

活動の透明性が保証される世界フェアトレード機関(WFTO)マーク

WFTO(世界フェアトレード機関 :World Fair Trade Organization)とは
開発途上国の立場の弱い人びとの自立と生活環境の改善を目指す世界中のフェアトレード組織が1989年に結成した国際的なネットワークです。欧米や日本の輸入団体と、アジア、アフリカ、中南米の生産者団体が加盟し、情報を共有しながら公正な貿易の普及を目指しています。

http://www.wfto.com(WFTO公式サイト・一部日本語ページあり)


WFTOマーク

フェアトレード団体を認証するWFTOマークは、WFTO(世界フェアトレード機関 :World Fair Trade Organization)に加盟し生産者の労働条件、賃金、児童労働、環境などに関して基準を満たしていることを認められた団体が取得するマークです。取得後も、自己評価と相互評価、外部検証を通じて確認が行われています。このマークは、団体の貿易活動が持続可能であり、改善に向けて継続的に努力していることを示しているのです。


WFTOマーク

WFTO(世界フェアトレード機関)フェアトレード保証制度
ピープルツリーを展開しているフェアトレードカンパニー株式会社は、1996年からIFAT(現WFTO)に加盟し、「WFTOマーク」制度が開始された2003年にマークを取得しています。
2013年に原材料から生産までWFTOが定めた「フェアトレード10の指針」が守られていることを保証する制度で認証を受け、製品に認証ラベルをつけています。



GOTS(オーガニック・テキスタイル世界基準)認証 Global Organic Textile Standard(GOTS)

基準:GOTS(Global Organic Textile Standard)はオーガニック・テキスタイルの世界基準。原材料がオーガニックであるだけでなく、生地の生産・加工や保管・流通のすべての過程で環境的・社会的な基準を満たした商品に認証が与えられる。‘organic’の表示は、付属品を除いた製品の繊維組成の95%以上が、認証されたオーガニック繊維あるいはオーガニック移行中であることを示す。

ピープルツリーは、英国の代表的なオーガニック認証機関Soil Association(ソイル・アソシエーション、 SA)よりGOTS認証を得ています。



有機JAS認証

制定:2001年・日本
基準:種まき、または植え付け2年以上、禁止された農薬や化学肥料を使用していない田畑で栽培、栽培期間中もそれらの農薬や化学肥料は使用しない。加工品は、科学的に合成された食品添加物を極力さける。すべてにおいて、遺伝子組み替え技術を使用しないこと、など。


● ピープルツリーの認定商品:オーガニック・ハーブティー、バイオダイナミック・ダージリンティー(有機リーフティー)、オーガニック・ミディアム・ロースト・コーヒー(ペルー・コーヒー豆、ペルー・フィルター用コーヒー)、フェアトレード・チョコレート(オーガニック・ビター)、オーガニック・フレーバーティー・ティーバッグ


このページのトップへ